五十肩から手術後のリハビリまで肩と腕に特化したリハビリ整体院

肩の匠

プロフィール

開業にかける私の想いを聞いてください。

私が開業しようと考えたきっかけは主に3つあります。

  1.  肩のリハビリは技術の差で結果が大きく変わる
  2. 全国の肩の痛み(特に五十肩)で施術を受けている人のうち3人に1人が最後まで生活動作で痛みと不便さを感じている
  3.  病院では患者様が施術する人を選べないし、一回の施術時間も短い。

このような悩みと想いから開業に至りました。
それだけ、肩のリハビリは難易度が高く、技術の差で結果が大きくかわる処です。
これは五十肩に限らず、肩の手術後のリハビリでも多くの人が手術をしても肩の動かしづらさや痛みがのこってしまっているのを臨床で目の当たりにしてきました。
結果、肩は治療者側も苦手意識をもっている人が非常に多いです。

私にも決してやってはいけない苦い経験が過去にあります。

自身が臨床に出て3年目の時に初めて肩の手術後のリハビリを担当させて頂きました。当時の私には肩の知識が無く、案の定、肩は挙がるようにならず痛みも取り切れず、ついに患者様も来院しなくなったという大変苦い経験をしました。

恥ずかしい話ですが、3年目で初めて自分の知識や技術の無さと肩の難しさを痛感しました。
このとき、もうこれ以上私のリハビリで患者様の人生を壊さない!と心の中で決意しました。
それ以来、肩のリハビリを猛勉強!勉強と実践を繰り返す日々を過ごしました。

現在では病院で肩の手術後のリハビリや五十肩のリハビリなどについてセミナーなどをさせて頂いています。そして臨床12年目で4700人以上の肩で悩んでいる方々に携わることができました。
私は肩の痛みで長いこと悩んでいる人を1人でも多く、痛みのない自由な生活をしてもらいたいという想いから、令和元年9月、肩・腕専門のリハビリ整体院を開業するに至りました。

プロフィール

市川 俊成(いちかわ としなり)
肩・腕専門リハビリ整体院「肩の匠-takumi-」 院長
年齢:36歳

国家資格:柔道整復師・理学療法士
業界歴:12年
経歴:デイサービス併設型接骨院勤務
整形外科病院・クリニック勤務。
総合病院勤務。(二次救急医療機関)

実績

  • 院にてリハビリスタッフへの技術講師活動
  • 大相撲名古屋場所応急救護(トレーナー活動)
  • BINIアプローチ:最終過程(Flowering)終了
  • 理学療法士養成学校主席卒業

得意な症状

ココがおすすめ

3ヶ月以上続く五十肩
腱板断裂や腕の骨折の手術後
肩から手の痺れ

何ヶ月も肩・腕の痛みに耐え続けているあなたに伝えたいこと

肩の激しい痛みや動かしづらさで日常生活が自由に送れない。そんな辛いお悩みを抱えている方を一人でも多く救うことが私の使命です。
現在他院に通院している或いは通院していたが一向に痛みが良くならない。又は痛みは減ったが肩が固まってしまって動かせないなどの症状があれば、一度お電話やメールだけでも良いですのでご相談ください。

投稿日:

Copyright© 肩の匠 , 2020 All Rights Reserved.