四十肩、五十肩

肩が挙がらない時に疑うべき疾患は?肩の動きが悪くなる疾患4選

肩が挙がりづらくなると日常生活の質が著しく低下してしまい、何をやるにもおっくうになってしまいますよね。

基本的にはスポーツを日常的にやっていない限り、肩が挙がりづらくなってしまうのは中年以降の方が多いです。

年齢を重ねるごとに肩関節周辺の組織が老化してしまい様々な原因で肩の動きが悪くなってしまうからですね。

この記事では肩が挙がらない時に疑うべき疾患について詳しく解説していきます。

是非ご覧ください。

肩が挙がりづらくなる疾患

肩が挙がりづらくなってしまう疾患の代表例は以下の四つです。

  • 五十肩・四十肩
  • 腱板断裂
  • 石灰沈着性腱板炎
  • 変形性肩関節炎

ひとつずつ解説していきます。

五十肩・四十肩

肩が挙がりづらくなってしまう疾患の最も代表的な例は五十肩四十肩です。

実は五十肩や四十肩は医学用語ではありません。正式名称を肩関節周囲炎といいます。

肩関節周囲炎はその名の通り肩関節の周りが炎症を起こしてしまう疾患であり、40~50歳代の方に多く発生します。

炎症期・拘縮期・回復期の3つのステージに分類することができ、ステージによって症状が異なるのも特徴です。

炎症期は肩が挙がりづらいだけでなく強い痛みを伴うため、人によっては肩の痛みによってしっかりと睡眠がとれない場合もあります。

五十肩や四十肩が発生してしまうと、1~2年程度症状に悩まされる方もいるためしっかりとした対応が必要です。

腱板断裂

腱板断裂とは、肩のインナーマッスルが切れてしまうことを言います。

外傷によって筋肉が断裂してしまうこともあれば、 加齢によって目立った外傷もな断裂してしまうことも。

肩のインナーマッスルが切れてしまうため当然肩は動かしづらくなり、日常生活に支障をきたしてしまうこともあるでしょう。

正確な判断は整形外科を受診し、画像診断することでわかります。

石灰沈着性腱板炎

石灰沈着性腱板炎とは、肩関節の周辺に石灰が生じてしまう疾患です。

多くは40~50歳代の女性に起こり、激痛が走り肩を動かすことができなくなってしまうのが特徴。基本的にはケガや外力もなく突然起こってしまいます。

ちなみに原因は不明です。

五十肩や四十肩、腱板断裂などに症状が似ていますが、レントゲンを撮影することで石灰沈着性腱板炎と診断することが可能です。

変形性肩関節症

変形性肩関節症とは、変形性膝関節症と同じような疾患であり関節が変形することによって様々な症状が引き起こされるものです。

肩が挙がりづらいといった症状だけでなく、痛みが出たりゴリゴリと音がなる場合も多いです。

ひどい症状になると肩人工関節置換術が行われることがあり、変形が進まないようにしっかりとリハビリを行わなくてはいけません。

 

原因を検査してくれる施設は?

肩が挙がらなくなった場合出来るだけ早めに原因を調べに行った方が良いでしょう。

この記事で解説したように肩が挙がらなくなる原因は複数あるため、どのような理由で症状が起こっているかを突き止め、正しいケアをしなくてはいけません。

まずは整形外科に行き、画像診断を行うと良いでしょう。

その後、整形外科でそのままリハビリを受けても良いですし、整骨院や整体院といった施設を利用することもお勧めです。

何にせよできるだけ早い段階でケアを受けた方が治療時間も短くなるため症状を放置せず整形外科を受診することのが得策です。

まとめ

肩が挙がらなくなってしまう疾患にはいくつかの原因があります。

本記事でも解説したようにできるだけ早い段階で正しいケアやリハビリを受けるとの時間もお金も節約になりますよ。

当院でも肩のリハビリに対し力を入れています。名古屋市内でお困りの方は是非ご相談ください。

キャンペーン

4月30日(金)までのご予約限定
残り5名⇒2名

*施術費、初回カウンセリング、検査料含む

施術料金

*初回は現金のみとなります

お支払いについて

当院は現金・各種クレジットに対応しております。

使用可能クレジットカード

電話にてメッセージをお入れください

電話で予約する

※治療中の場合も多く、恐縮ですが留守電に『お名前』『電話番号』『はじめてお電話しました』とメッセージお入れください。60分以内にご連絡をこちらから入れさせて頂きます。

メールだと24時間予約可能

メールで予約する

※電話にて確認のお電話をさせて頂きます

LINEでも予約も可能

LINEで予約する

※LINEの登録すれば予約できます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

市川俊成

名古屋市で肩・腕専門のリハビリ整体院を運営中。国家資格である理学療法士免許と柔道整復師免許を保有している。病院での経験を活かし、五十肩や腱板損傷、手術後の肩の痛みなどの施術に力を入れている。

-四十肩、五十肩

© 2021 肩の匠 Powered by AFFINGER5