四十肩、五十肩

肩の石灰化?急にやってくる肩の激痛…石灰沈着性腱板炎かも!

突然やってくる肩の痛み。もしかしたらそれは石灰沈着性腱板炎かもしれません。

あまり馴染みのないこの疾患ですが、実は中年以降になるとまれに起こる肩の症状として医療従事者の中では有名です。

痛みが強く、肩の動きも制限されてしまうため石灰沈着性腱板炎になってしまった方は不自由な思いをすることになります。

この記事では石灰沈着性腱板炎がどのようなものなか、また、どのような疾患と間違えやすいのかを詳しく解説させて頂きます。

 

肩の石灰化ってなに?

石灰沈着性腱板炎とは、肩の筋肉や腱の付着部に石灰が蓄積してしまうことを言います。

そもそも石灰とは、リン酸カルシウム結晶のことであり非常に硬い物質のことです。なぜ肩に石灰が蓄積してしまうのかはっきりと解明されているわけではありません。

現在考えられているリスク要因としては遺伝や重たいものを持ち上げるなどの仕事環境、スポーツなど手を上に上げる動作が多い運動、糖尿病や甲状腺機能異常などが考えられています。

この後、石灰沈着性腱板炎の症状を詳しく解説しますが、非常に辛い症状が伴うものなのでできるだけ早期に治療を開始しなければいけません。

 

石灰沈着性腱板炎の症状

石灰沈着性腱板炎の症状は、痛みと関節の動かしづらたです。突然痛みが発症することもあれば、徐々に痛みが蓄積することもあります。

急性期は非常に激しい痛みを伴うことがあり、日常生活や仕事に大きな支障をきたしてしまいます。

発症しやすい年齢は中年以降、具体的には40~60代の女性が多いようです。このぐらいの年齢で急に発生する肩の激痛を感じた場合もしかしたら石灰沈着性腱板炎かもしれません。

 

石灰沈着性腱板炎に似ている疾患

石灰沈着性腱板炎に似ている疾患は五十肩や四十肩、腱板断裂など。

五十肩や四十肩、腱板断裂は発症年齢も石灰沈着性腱板炎に似ているため自分ではどの疾患になったのかを判断するのは非常に困難です。

これら疾患も突然痛みが起こることもあれば、日常生活の中で少しずつ違和感を感じ、それが蓄積され最終的には強い痛みになってしまうこともあります。

そのため、肩の痛みが急に起こったからといって石灰沈着性腱板炎だと決めつけるのではなく、まずは整形外科を受診し、どのような原因があり症状が出ているのかを確認することをお勧めします。

 

まとめ

肩の痛みが突然起こった場合、石灰沈着性腱板炎の可能性があります。しかし本記事でも解説したように突然肩の痛みが起こってしまう原因は他にもあります。

そのためMRIなどの画像診断ができる整形外科を受診し、なぜ肩の痛みが起こっているかをはっきりさせた方が結果的に症状を早く回復させることにつながるでしょう。

開院2周年記念キャンペーン♪

お陰様で開院して2周年を迎えることができました。感謝の気持ちを込めて特別なキャンペーンをご用意しました。

11月27日(土)まで限定

残り5名⇒0名

はじめてのコースの内容

以下の内容がついてきます

  • 施術
  • カウンセリング
  • 原因の検査、説明
  • 改善までの予測の説明(どの程度の期間で治るのか)
  • セルフケア指導

はじめての方のためのコースです。

あなたの不安や疑問を当院で本当に解決できるか。まずはこのキャンペーンを利用し、お試し頂ければと思います。

施術料金

*初回は現金のみとなります

お支払いについて

現金・各種クレジットに対応しております。

使用可能クレジットカード

電話にてメッセージをお入れください

電話で予約

※治療中の場合も多く、恐縮ですが留守電に『お名前』『電話番号』『はじめてお電話しました』とメッセージお入れください。60分以内にご連絡をこちらから入れさせて頂きます。

LINEなら30秒で予約可能!

LINEで予約

※友達追加後予約できます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

市川俊成

名古屋市で肩・腕専門のリハビリ整体院を運営中。国家資格である理学療法士免許と柔道整復師免許を保有している。病院での経験を活かし、五十肩や腱板損傷、手術後の肩の痛みなどの施術に力を入れている。

-四十肩、五十肩

© 2021 肩の匠 Powered by AFFINGER5