四十肩、五十肩

当然やってくる肩の痛い…原因は一体何?現役理学療法士が解説する痛いの原因

40代や50代になってくるとはっきりとした原因がなくても急な肩の痛みが襲ってくることがあります。

肩の痛みが急に襲ってくることはそこまで多くなく、今まで経験ないかと思うので、何かの病気ではないか…と不安になりますよね。

そこでこの記事では急にやってくる肩の痛みの原因について解説していきます。

不安を抱えている方ぜひご覧ください。

 

急に起こる肩の痛みの原因

急に起こる肩の痛みの原因は大きく分けて三つあります。

  • 石灰沈着性腱板炎
  • 五十肩・四十肩
  • 腱板断裂

ひとつずつ解説していきます

石灰沈着性腱板炎

石灰沈着性腱板炎とは、 肩にある筋肉や腱の付着部などに石灰が生じてしまう疾患のこと。

石灰とはリン酸カルシウムのことで骨のように物質です。

40~50代に多く、特に思い当たる原因なく激しい痛みが走り、肩を動かせなくなってしまうのが特徴。

肩に石灰が生じてしまうことで痛みだけでなく運動制限も起こります。発症する年齢が40~50代に多いということで四十肩や五十肩と間違えるケースも多いですね。

五十肩・四十肩

四十肩・五十肩も比較的急に痛みが出現することもあります。先ほど紹介した石灰沈着性腱板炎とは違い、石灰が生じることはありませんが筋肉、関節、靭帯などに炎症を起こしてしまうのが特徴です。

一度、四十肩や五十肩になってしまうと半年から長くて2年ほど痛みや関節の硬さに苦しい回されることもあるため非常に厄介な疾患と言えるでしょう。

腱板断裂

肩には細かな組織がたくさん付着していますがその中でも腱板と呼ばれるインナーマッスルに該当する筋肉があります。

この腱板は非常に重要な働きをしており、肩の安定性を保ったり、細かな動きを担ったりしています。

この鍵盤も中年以降になってくると明らかな外傷がなくても自然に断裂してしまうことがあり、それが突然の痛みとなって出現してしまう可能性もあるのです。

腱板断裂はあまり知られてはいない疾患ではありますが、意外と多くの方がこの筋肉の損傷によって痛みや関節の動かしづらさに悩まされています。

 

外傷で痛めた場合、筋肉や靭帯の損傷を疑う

今まで解説した3つの疾患以外に、肩をぶつけてしまった、転倒して肩をひねってしまった場合にも少し時間が経過してから突然痛み出すということもあります。

その場合筋肉や靭帯が損傷している可能性が非常に高いため、できるだけ早い段階で整形外科を受診した方が良いでしょう。

 

急に肩の痛みが起こった際に対処法

急に肩の痛みが起こった場合には安静にするのが一番です。医学的な知識が無いとなぜ急に肩の痛みが起こったのか原因がわからないため、ひとまず肩に負担をかけず安静にするようにしましょう。

しかし、安静にすれば全て解決するかといえばそういうわけではありません。

肩の痛みを放置した結果、できるだけ短期間で治る可能性があったものが長期間かけないと改善しなくなってしまったということもありえます。

そのため、安静にするだけでなく整形外科でなぜ肩の痛みが急に起きたのかを診断してもらうことをお勧めします。

正しい原因がわからないとその後のケアの方向性も定まらないため、できるだけ早い段階で整形外科を受診しましょう。

 

まとめ

急に肩が痛くなるのは石灰沈着性腱板炎や五十肩、四十肩、腱板断裂などの可能性が考えられます。

症状は個人差がありますが、いずれにせよ自分でどの疾患になってしまったか結論付けるのは非常に困難です。

整形外科を受診し、治療の方向性を明確にし、できるだけ早い段階でケアを開始するようにしましょう。

キャンペーン

5月15日(土)までのご予約限定
残り5名⇒2名 

はじめてコースの内容

以下の内容がついてきます

  • 施術
  • カウンセリング
  • 原因の検査、説明
  • 改善までの予測の説明(どの程度の期間で治るのか)
  • セルフケア指導

はじめての方のためのコースです。

当院にはじめて予約する方はこちらをご利用ください。

施術料金

*初回は現金のみとなります

お支払いについて

当院は現金・各種クレジットに対応しております。

使用可能クレジットカード

電話にてメッセージをお入れください

電話で予約する

※治療中の場合も多く、恐縮ですが留守電に『お名前』『電話番号』『はじめてお電話しました』とメッセージお入れください。60分以内にご連絡をこちらから入れさせて頂きます。

メールだと24時間予約可能

メールで予約する

※電話にて確認のお電話をさせて頂きます

LINEでも予約も可能

LINEで予約する

※LINEの登録すれば予約できます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

市川俊成

名古屋市で肩・腕専門のリハビリ整体院を運営中。国家資格である理学療法士免許と柔道整復師免許を保有している。病院での経験を活かし、五十肩や腱板損傷、手術後の肩の痛みなどの施術に力を入れている。

-四十肩、五十肩

© 2021 肩の匠 Powered by AFFINGER5