整体院について

整骨院と整体院の違いは?かかり方や選び方を解説します

町中でよく見かける整骨院や整体院。

名前は知っているものの、どのような違いがあるのか正確に違いを説明できる方は少ないかもしれません。

もちろん整骨院と整体院は同じではありません。明確な違いがいくつもあります。

今回はそんな整骨院と整体院の違いについて詳しくご説明していきたいと思います。是非ご覧下さい。

整骨院と整体院の違い

整骨院とは

整骨院は簡単に説明すれば「怪我を処置する場所」です。怪我と言っても擦過傷のようなものではなく「骨折・脱臼・打撲・捻挫」なども含めた怪我のことを指します。

これらの怪我に限り健康保険を使用しての処置を受けることができることが特徴です。

整骨院で処置・施術にあたる人物は「柔道整復師」という国家資格を保有しているものでなければならない決まりがあり、資格を持たない人物からの処置・施術は原則認められていません。

整体院とは

整体院とは主に「肩こりや腰痛・リラクゼーション」などを目的とした施術を行う施設のことを指します。

しかし、基本的に整体院を開設するにあたって特に資格や経験を必要するわけではなく誰でも開設ができます。

つまり、整体院で「これをしないといけない」という決まり自体は存在しないため、整体院ごとに「腰痛に特化した整体院」から「不妊整体に特化した整体院」など様々な症状に対しての施術を行っています。

ちなみに当院では肩の痛みに特化しており、名古屋市周辺から五十肩や腱板損傷などの悩みを持った方がご来院されます。

整骨院で保険適用にならない疾患

先ほど整骨院では健康保険が使用できると説明しましたが、実際にはいくつかの条件があります。

条件の一つは「骨折・脱臼・打撲・捻挫」に対しての原因がはっきりとした急性・亜急性の怪我であること。

例えば、一番分かりやすい怪我でいえば「ぎっくり腰」です。

ぎっくり腰は原因がはっきりとしていて尚且つ、急性の怪我であるため保険が使用できます。

また、数カ月経過しているような慢性的な症状には保険が適用されません。

具体的には慢性的な腰痛や肩こりなどに対しては保険を使用することができず、実費施術となりますので注意が必要です。

整骨院と整体院はどのようなときに利用したら良いの?

まず、整骨院は急性期の怪我に対しては保険が使用でき、かつ適切な施術を受けることができます。

【一般的な整骨院が対応できる疾患】

  • ぎっくり腰や寝違えなどの急性期の症状
  • スポーツによる怪我やテーピング
  • 介護予防の機能訓練

一方で整体院は保険は使用できませんが以下のような症状を得意としています。

【一般的な整体院が対応できる症状】

  • リラクゼーション目的、癒し目的
  • 慢性的に続いている腰痛や肩こり

また、最近では国家資格者が整体院を経営している施設も多いです。

実際に当院がそうです。保険が使用できない分様々なニーズに応えることができるのが強みですね。

まとめ

整骨院と整体院の違いは何となくご理解頂けましたでしょうか。

それぞれの特徴や健康保険の使用の有無などを把握しておくことで、いざ自分の身体に不調が出現したさいにどこへ行けば良いのかが分かります。

昨今では整骨院も整体院も軒並み件数が急増しています。

もちろんどこの整骨院も整体院も同じではなくそれぞれで施術方法も料金も質の高さも違います。

自分にあった理想の整骨院・整体院を見つけて、いざという時のかかりつけにしておく必要があります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

市川俊成

名古屋市で肩・腕専門のリハビリ整体院を運営中。国家資格である理学療法士免許と柔道整復師免許を保有している。病院での経験を活かし、五十肩や腱板損傷、手術後の肩の痛みなどの施術に力を入れている。

-整体院について

© 2021 肩の匠 Powered by AFFINGER5